紅茶とは?

紅茶とは?

紅茶について、ちょっと難しいお話しも書いていこうと思います。

まずはどんなものを「紅茶」と呼ぶかについて。

 

「チャノキ」(学名:カメリア・シネンシス)から作られるお茶は紅茶のほかに「緑茶・烏龍茶・白茶・プーアル茶」などさまざま。

その中で「茶葉を萎れさせ、揉み込み、酸化(発酵)させて乾燥させたもの」を紅茶と呼びます。

 

茶葉を発酵させない緑茶などを

「不発酵茶」

途中で発酵を止める烏龍茶などを

「半発酵茶」

しっかりと発酵させる紅茶を

「完全発酵茶」と呼ぶこともあります。

 

ただし、紅茶においても、半発酵茶に近い浅い発酵のものもあるため、この分類は一概には当てはまらないようです。

また、「ハーブティー」はチャノキ以外の植物を使ったお茶なので厳密には「紅茶」ではないんですよ。

紅茶の品種

紅茶の木にも、ほかの植物と同じく「品種」というものが存在します。

 

紅茶のもととなる「チャノキ」は、大きくふたつの品種に分けられますよ。

  • 中国種:樹高が低く、葉が小さい。寒さに強い。東アジアに多い。
  • アッサム種:樹高が高く、葉が大きい。寒さに弱い。熱帯地域に多い。

中国種は、ダージリンなどに代表されるような、香り豊かでストレート向きな紅茶が多くなります。

アッサム種は、アッサムなどボディのしっかりしたミルクティー向きの紅茶が多くなります。

両者の交配種も多く作られていますので、この特徴も必ずしも当てはまるわけではありません。

 

 

交配種については「クローナル」「ハイブリッド」などという呼び名があるのですが…

このあたりを掘り下げていくと長〜くなりそうなのでまた別記事にて…。