トワイニング THE BEST5(ベストファイブ)のおすすめはこれ!5種類を全力で飲み比べてみました

ティーバッグで本格的な味わいが楽しめる人気の紅茶ブランド「トワイニング」。

その中でも定番5つが入った「トワイニング THE BEST5(ザ・ベストファイブ)」は、スーパーで手軽に手に入り、いろんな味を試せるおすすめのアソートパックです。

今回はこの「トワイニングベスト5」に入っている5種類の紅茶を、徹底飲み比べしてみました!

味わいの特徴やおいしい飲み方、合うお菓子についてもくわしく紹介します。

トワイニング ザ・ベスト5について

トワイニングは、1706年ロンドンに創業した紅茶ブランド。日本では片岡物産が代理店になっています。

「トワイニング ザ・ベストファイブ」に入っているのは、トワイニングの中でも人気の5種類の銘柄(ブレンド)です。

  • アールグレイ
  • レディグレイ
  • ダージリン
  • プリンスオブウェールズ
  • セイロン オレンジペコ

▼箱にはそれぞれの紅茶の説明が書かれています。抽出時間が種類によって違うんですね。

▼トワイニングの歴史についても。

▼5種類が4つずつ入った、20袋入り。同じ種類で束になっています。

値段は公式サイトの販売価格で497円(税込)です。

小売店ではもうちょっと安く売ってたりしますね。私は近所のスーパーで、398円(税別)で購入しました。

トワイニング ベスト5 それぞれの味を解説

ベスト5に入っている5つの紅茶をそれぞれ淹れて飲んでみました。

味や香りの特徴、おすすめの飲み方や合わせやすいお菓子についても紹介します。

アールグレイ

アールグレイは、トワイニングの中でもいちばん定番のブレンド。

ベルガモットという柑橘系フルーツの香りを付けた”フレーバーティー”です。

名前の由来については諸説ありますが、イギリスの政治家「2代目グレイ伯爵」にちなんでいるとのこと。

トワイニングのアールグレイティーバッグは、抽出時間1分。かなり短めですね。

箱に書いてあるとおり、熱湯140mlで抽出してみました。

抽出方法は、一度カップをお湯で温め、お湯を注いでからティーバッグを入れてソーサーで蓋をして蒸らしています。

飲む前から、ベルガモットの爽やかな香りがフワリと漂ってきます。

口に含むとその香りがさらに広がる〜。ちょっと化粧品っぽいような甘い香りもしますね。

味はというと、口の中がきゅっと引き締まるような渋みと苦みが。

とはいえ1分抽出だとそんなに濃くなくて、「香りが主体」の紅茶といった印象です。

普段アールグレイをよく飲む人なら好きな香りだと思います。(味はちょっと苦み強めだな、と感じましたが)

アールグレイは万能なので、アイスティーにするもよし、濃く淹れてミルクティーにするもよし、いろんな飲み方ができそう。食べ物も比較的なんでも合わせやすいですよ♪

  • とくに合うお菓子:焼き菓子、酸味強めのビターチョコレート、など

 

レディグレイ

レディグレイは、アールグレイにレモンピールやオレンジピールを加えた香り高いフレーバーティー。

これもトワイニングの定番かつ人気のブレンドですね。

名前はアールグレイの由来となった「2代目グレイ伯爵」の妻、グレイ夫人からきています。

抽出時間は1分30秒。アールグレイよりちょっと長めです。

こちらも同じ要領で淹れてみました。

香りはアールグレイに似てますが、さらに柑橘系の爽やかなフレーバーが加わってます。

アールグレイ特有のベルガモットの香りはすこし抑えられていて、レモンやオレンジが引き立ってフルーティーな感じ。

味もアールグレイと似てるけど、こっちの方が少しまろやかかも。

柑橘系の香りが好きな人におすすめです!これはアイスティーにしても良さそう。

  • とくに合うお菓子:フルーツ系の生ケーキ

ダージリン

言わずとしれた紅茶の代表格「ダージリン」。

インドの高地、ダージリン地方で作られる紅茶です。

「アールグレイ」「レディグレイ」はブレンドの名前でしたが、「ダージリン」は産地の名前ですよ♪

抽出時間は2分でした。

ダージリンらしい、マスカットのような香り(マスカテルフレーバー)をほのかに感じます。

味は渋みがしっかり。「繊細な渋み」と書いてありましたがけっこうガツンと来ましたぞ。

ダージリン好きとしては、イマイチ上品さに欠けるというか惜しい感じの味でした…。

もっとおいしいダージリンはあるんだ…!と叫びたい。まぁダージリンは高価なので、仕方ない部分もありますが。

飲み方はストレートがおすすめです。

  • とくに合うお菓子:スコーン、カステラ

ちなみにBEST5のティーバッグは、それぞれ単体の箱入りもあります。(リーフ缶入りもあります)

ただしこのダージリンは2018年現在、単品販売を休止しています。2017年の茶園ストライキの影響かと思われます。

セイロン オレンジペコ

「セイロン」とは、スリランカの昔の呼び名。スリランカでとれた紅茶のことを「セイロンティー」と呼びます。

そして「オレンジペコ(ペコー)」とは、茶葉の等級の名前です。OPと略されたりもしますね。

厳密には、新芽の下にある2番目の葉っぱのことをオレンジペコーと呼びます。かなり上質な茶葉です。

オレンジペコは、決して”オレンジの香りがする紅茶”ではないのです。←ここポイント

けっこう勘違いしてる人も多いんですよね。私も昔はオレンジのフレーバーティーだと思ってました。

由来は「茶液がきれいなオレンジ色だから」ということらしいです。ちょっと紛らわしい(笑)

話を戻して…。トワイニングのセイロン オレンジペコは「スリランカ産の上質な茶葉を使った紅茶」ってことですよヽ(=´▽`=)ノ

抽出時間は1分30秒

水色を見ると「たしかにオレンジだ…!」って思いますね。他と比べても、かなり明るく鮮やかな色合い。

オーソドックスな紅茶といった香りと味で、クセがなくておいしいです

渋みが穏やかなので誰にでも飲みやすいと思います。

紅茶飲もう、って思ったらとりあえずこれ淹れとけば正解!みたいな、安定感のある味わいです。

飲み方は、ストレートはもちろんミルクもいけますよ。

  • とくに合うお菓子:バターを使った焼き菓子など

プリンスオブウェールズ

「プリンスオブウェールズ」は、英国王太子・エドワード8世のために考案された紅茶のブレンド。

この名前を付けることを初めて許されたのが、トワイニング社なんだとか。

茶葉のベースは中国、キームンのもの。ランの花を思わせる香りが特徴で「紅茶のコニャック」とも言われています。

ストレートでスコーンと合わせるのが本場英国流。

抽出時間は2分です。

淹れてみると、茶液がかなり黒っぽい。キームンはこんな感じの色が多いですね。

口に入れるとスモーキーな香りが特徴的です。

スモーキー、と言ってもクセが強すぎるわけではなく、ハチミツのような甘く深みのある香り。

味わいはマイルドなのにコクがあって、これはイケる!

初めて飲んだのですが、個人的にかなり気に入りました。

スコーンはもちろん、この甘い風味はチョコレートや栗のお菓子なんかも合いそうだなぁ。

そして本場流に逆らって、ミルクティーにもしてみたい味です。

  • とくに合うお菓子:スコーン、ガトーショコラ

トワイニングのBEST5、おすすめランキング

今回、トワイニングベストファイブを一度に飲み比べてみて、私がとくにおすすめしたい紅茶は…

1位 プリンスオブウェールズ

2位 セイロン オレンジペコ

3位 レディグレイ

の順です!

独特な味わいの「プリンスオブウェールズ」はぜひ一度飲んでみてほしい。

オーソドックスな「セイロン オレンジペコ」や、香り高い「レディグレイ」もおすすめです。

もちろん他の2つもおいしいですが、個人的ベスト3はこの三つですね♪

家で紅茶を楽しむ際の参考になればうれしいです(*^^*)

ティーバッグに関するおすすめ記事

トワイニングよりもリーズナブル。紅茶の定番「2大黄色いティーバッグ」を飲み比べた記事はこちらです。