【午後の紅茶】甘くないミルクティー「マイスターズミルクティー」を飲んでみた

紅茶飲料図鑑

「午後の紅茶」の新商品「ザ・マイスターズミルクティー(甘くない微糖)」を飲んでみました。

茶葉の香りやミルク感はしっかりと、甘さは控えめな大人のミルクティーです。

「ザ・マイスターズミルクティー」とは

「ザ・マイスターズミルクティー」は、キリン午後の紅茶シリーズの新商品。

2019年3月26日に発売されました。

女優の深田恭子さんがCMしていることでもお馴染みです。

私は普段、市販のミルクティー飲料はめったに飲まないのですが、深キョンが好きなのでつい購入してしまいました。

CM効果って大きいなーと体感した次第。

午後ティー公式サイトでの紹介文は以下の通りです。

ティーインストラクター監修のもと、独自の新技術「リーフリッチブリュ―製法」によって引き出された紅茶葉本来の豊かでリッチなおいしさと、ミルクのまろやかなコクを楽しめる、甘くない※微糖ミルクティー。

働く大人の気分転換におすすめです。

※午後の紅茶 ミルクティー比

午後の紅茶 公式サイトより)

甘くない、けど無糖ではない

このマイスターズミルクティーは、「甘くないミルクティー」というキャッチフレーズが付いています。

ただし全く甘くないわけではなく、通常の「午後の紅茶 ミルクティー」より甘さ控えめという意味みたいですね。

パッケージには「甘くない微糖」という一見矛盾したような言葉が書かれていて、ちょっと笑えました。

原材料を見ると、砂糖のほかに人工甘味料も入っています。

使用茶葉は不明

使っている茶葉については、商品にも公式サイトにも書かれていませんでした。

「ウヴァ◯%」みたいに謳ってるミルクティーもありますが、これは茶葉へのこだわりはアピールしてないようです。

ミルクティー向き茶葉としては、セイロン系やケニア、マラウイあたりでしょうか。

味の感想

たしかに普通のミルクティー(白いパッケージのやつ)に比べると、かなり甘さ控えめ。

ほんのり甘い程度で、のどが渇いている時でもゴクゴク飲めます。

食事に合わせても違和感なさそう。

今までの午後ティーはスイーツ感覚で飲む味でしたからね。

 

ミルクの濃厚なコクはしっかりありました。

後味にミルキーさが残る感じ。実は私はこの感じがあんまり好きじゃなく、ミルクティー飲料はあんまり飲みません。

 

茶葉の香りはミルクティーに合っていてクセがなかったです。

へんにアールグレイ推しだったり香料っぽかったりしないので安心。

 

「ミルクティーは好きだけど、午後ティーのミルクティーは甘すぎる」

そう思ってる人に、ぜひ試してみてほしい、飲みやすいミルクティーでした。

午後の紅茶「ザ・マイスターズミルクティー」のカロリー

マイスターズミルクティーのカロリーは、100mlあたり19kcalです。

1本500mlなので、全部飲むと95kcalですね。

ちなみに「午後の紅茶ミルクティー」は100mlあたり37kcalなので、およそ半分に抑えられていることになります。

紅茶DATA

ブランド名 キリン 午後の紅茶
容量 500ml
価格 140円(希望小売価格)
カロリー 19kcal/100ml
甘さレベル 微糖

関連記事

「午後の紅茶 おいしい無糖」のレビューはこちら。

午後の紅茶 おいしい無糖(2018年リニューアル)
「午後の紅茶 おいしい無糖」とは 「午後の紅茶 おいしい無糖」は、キリン午後の紅茶シリーズの甘くないストレートティー。 今まではダージリン茶葉をベースにしていたのですが、2018年4月にリニューアルし...

紅茶飲料図鑑へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました