【サー・トーマス・リプトン】アイスティー(セイロンディンブラブレンド)を飲んでみた感想

紅茶飲料(ペットボトル・紙パック他)

サー・トーマス・リプトンの紙パック入りアイスティー(セイロン ディンブラブレンド)を飲んでみました。

茶葉にも水にもこだわった、上品な味わいのアイスティー。

紅茶好きにもおすすめできるおいしさです!

「サー・トーマス・リプトン」について

サー・トーマス・リプトン」は、リプトンのプレミアムシリーズ。

”紅茶王”とも称されたリプトン創始者「トーマス・リプトン」の名を冠しています。

カジュアルな紅茶がメインのリプトンに対し、サー・トーマス・リプトンでは茶葉にこだわったワンランク上の紅茶を取り扱っており、お値段も高め。

簡単に言うと「リプトンの上位ブランド」ってことですね。

パッケージにも「サー・トーマス・リプトン」の由来が。

リプトンさん、すごい人なんですね〜。

さてさて、リプトンの紅茶は日本ではユニリーバが販売していますが、このアイスティーはキーコーヒーが販売しています。

ブランドを借りて作ってる、って感じかな?

サー・トーマス・リプトンのマスターブレンダーが、日本向けにセイロンディンブラの茶葉を厳選して、さらに白州の地下70mから汲み上げた天然水を使い、最適な抽出温度と時間により丹念に作り上げたストレートティーです。
甘さ控えめで、透明感ある明るい色調と香り高く、のど越しのよい渋みと爽快感が特徴です。

茶葉はディンブラ。なんと水にもこだわってるんだそう。

原材料は糖類・紅茶・香料・酸化防止剤。甘みが付いてるタイプです。

サー・トーマス・リプトンのアイスティーを飲んでみた

真四角ではなく、かどが丸くなったおしゃれな紙パック。

値段もちょっとお高めだったので、味に期待して買ってみました。

グラスに注いでみると、赤みがかった透明感のある色合い。

そうそう、ディンブラってこういう色ですよね〜。

お味も上品でおいしい…!

市販のアイスティーはたいてい、紅茶香料の匂いが強いんですが、これは香りがとっても穏やか。

ディンブラらしい爽快感のある渋みと、バラのような華やかなフレーバーが感じられます。

甘さはしっかり付いていますが、紅茶の渋みのおかげか後に残る甘ったるさはありません。

これはほんと、紅茶飲料としては久々のヒット!万人におすすめしたい!!

試しにミルクを入れてみてもおいしかったです。ゴクゴク飲めるさっぱりしたミルクティーに。

近所のスーパーでたまたま見つけたのですが、置いているお店が少ないのが難点だなぁ。

もっと取り扱い店舗が増えてきたら嬉しいです。

カロリーは?

カロリーは、100mlあたり22kcal

加糖のストレートティーはだいたいこれくらいです。

おいしいからといって飲みすぎると糖分摂りすぎになるのでご注意を。

商品情報

商品名サー・トーマス・リプトン
アイスティー甘さひかえめ テトラプリズマ
(セイロンディンブラブレンド)
容量1000ml
価格248円
賞味期限10ヶ月
カロリー22kcal/100ml
甘さレベルふつう

紅茶飲料図鑑へもどる

コメント

タイトルとURLをコピーしました