Lipton(リプトン) イエローラベル ティーバッグ

紅茶の概要

スーパーなどで気軽に購入できる紅茶の定番といえばこれ、リプトンイエローラベルですよね。

茶葉がゆったりと広がる三角形の立体ティーバッグが特徴的。

リプトンは19世紀末、トーマス・J・リプトンによって作られた英国発祥の紅茶ブランドです。現在は外資系の「ユニリーバ」が所有しています。

リプトンの紅茶が日本に初めて輸入されたのは1906年のこと。現在の三角ティーバッグの形になったのは2002年からだそうですよ。

入り数は10袋・25袋・50袋があります。今回は10袋入りを158円(税別)購入しました。1杯あたり15円ほどととってもリーズナブル。

チャック付き袋になっているのがポイント高いです。紅茶は開けたら密封して保存するのが大事ですもんね。

産地はケニア・インドネシア・他。

抽出時間は1分と書かれていましたが、お湯の量についての記述はありませんでした。

味の感想

130ccほど入るティーカップで淹れてみると、かなり濃い味に。

これは200ccくらいの大きめのカップで淹れる方が良さそうです。

オーソドックスな紅茶といった味わいで、香り・渋みともにしっかりとあります。酸味も少し感じますね。

甘い香りと合わせて土っぽいような力強いフレーバーもあります。

紅茶感がちゃんとあるものを飲みたい方におすすめ。

ティーバッグにホッチキスが使われていないので、ミルクに入れてレンジでチンすればミルクティーも作れます。

(ミルクティーにする際は少しお湯をかけて茶葉を蒸らしてからがいいですよ)

コスパ◎、保存もしやすく、家庭用買い置き紅茶にピッタリのティーバッグです。

同じ黄色いパッケージの「日東紅茶 デイリークラブ」との比較記事を書きました。味の感想もこちらに詳しく載せていますので、ご参考にどうぞ。

紅茶DATA

お店 リプトン(ユニリーバ)
産地 ケニア・インドネシア・他
形状 三角ティーバッグ
価格 158円/10袋
合うお菓子 比較的何にでも合わせやすい

紅茶図鑑へ戻る